民主党の外交について

 民主党は政権についたら、アメリカとの核の密約に対してオープンにすると主張している。この措置によって米国との関係について透明性が高まるのは間違いが無い。

 では、ついでに韓国との間で結ばれた「竹島密約」をオープンにしてくれといわれたら、民主党政権はどうするのだろうか。

 『竹島密約』を書いたロー・ダニエルは「私はどこかに記録があると考えている。日本人は何事かにつけ、記録を残す人々である。国交正常化の基礎を築く大事な交渉に当たった河野一郎が、責任ある政治家としてその記録を、すくなくともみずからの下書き記録を残さなかったはずが無い。日本政府、とりわけ外務省が今まで竹島密約に定められたとおりに行動してきた事は、記録が存在するであろうことの一番大きな傍証であると言えよう」と書いています。

 仮に、岡田外相がこの文書を発見したと仮定してみよう。岡田外相はこれを発表できるのだろうか。へたをすると韓国の保守政権はふっとんでしまうかもしれない(竹島密約は朴政権下で結ばれた)民主党は結局それを握りつぶす事になるだろう。

 結果として、鳩山由紀夫次期首相が標榜するアジア主義外交は決して透明性が高いものとなるとは予想できないのだ。
[PR]
by masaya1967.7 | 2009-09-09 04:14
<< 北方領土問題 これからの自民党 >>