100年予測

d0006995_451661.jpg


 この本が翻訳されたようです。アメリカの主流メディアでは興隆する中国、おちぶれた日本というのが定番になっていますが、フリードマンは全く逆に考えています。いつも真理を有するものは少数派という命題が正しければ意外と本当なのかもしれません。

 ただ彼の手法の問題点は将来の予測を行うのに過去の歴史をそのまま用いていることです。彼は将来日本が宇宙空間でアメリカに対して真珠湾攻撃を行うと予測してます。マルクスの言うように「歴史は繰り返す。最初は悲劇として、2度目は喜劇として」になってしまっています。私も歴史は似たような事は繰り返して起こっているとは思いますが、全く同じという事はありえません。

 それでも、この本に対して感心する事は多々ありました。よかったらご一読を。
[PR]
by masaya1967.7 | 2009-11-10 04:20
<< 基地問題を考える 「独立」する日本 >>