福田と拉致問題

 元外務官僚だった天木直人氏がブログでこれから総理になる福田氏について次のように書いている。

 「この福田の傲慢さは何だ。拉致家族に対する冷たさは何だ。北朝鮮に対する寛容さはなんだ。
 拉致問題については外務省も政府も間違いなく国民に隠している事がある。福田首相が実現すれば野党は事実を明らかにするように福田に迫るべきだ。すべての情報を公開をし、政府と拉致家族と国民が三者一体となって解決策を見つけるように努力して始めて、あらたな希望が見えてくるに違いない。功名心に走る秘密外交はもはや限界に来ている。」

 この人の意見に同意することはあまり無いのだが、この問題に関しては全面的に賛成です。特に帰国した拉致被害者を約束だからと北朝鮮に帰そうとしたことは、常識と著しく離れた行為と思わざるを得ません。福田首相になって、アジア問題で日本の国益を増進することは可能なのでしょうか。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-20 18:35
<< 北京五輪は大丈夫か The Israel Lobb... >>