2009年 03月 14日 ( 1 )

麻生発言


asahi.comより

「途中で落ちたら・・・ふざけた国だ」首相が北朝鮮批判

 麻生首相は14日、ソマリア沖へ向かう護衛艦見送りのために訪れた広島県呉市で講演し、北朝鮮が人工衛星打ち上げを事前通報したことについて「衛星と称してロケットを打ち上げると言ってきた。日本の上を通過すると言っている。真下にいる県の人たちにしてみれば、途中で落っこちたら『てめえのところに落ちるなあ』と計算する。ふざけた話じゃないかという国が隣にある」と批判した。

 北朝鮮は事前通報で、秋田県沖を1段目のロケット落下の危険区域に定めており、ロケットは東北地方上空を通過するとみられている。

 また、首相はソマリア沖の海賊対策をめぐり、海上自衛隊派遣の必要性に言及するなかで「ソマリア海軍も対岸にあるイエメン海軍も、やる力もなければやる気もない状況が続いていた」と述べた。

 さらに、民主党の小沢代表の一連の発言を批判。「米海軍第7艦隊で米国の極東におけるプレゼンスは十分だ」と述べたことに対しては「猛烈な勢いで日本も防衛予算を増やさない限り対応できない。米国の抑止力を頼っている方がより現実的じゃないのかと言って、世界第2の経済大国になった。この政策は間違ってなかった」と反論した。

 韓国領の済州島を「買っちまえ」と発言したとされる件については「こういう発想はとてもじゃないけど私には出てこない」と述べた。小沢氏はこの発言を「特定の話じゃない」と否定している。

 講演に先立ち首相は、海上自衛隊呉基地で護衛艦の出航を見送った。その後、国会提出した海賊対処法案について「一日も早く法案が成立するように頑張らなきゃいかん。ことが起きてからでは遅い」と早期成立の必要性を記者団に強調した。

………………………………………………………………………………………
 吉田茂は『世界と日本』でこう書いています。

 「再軍備の問題については、私の内閣在職中一度も考えたことがないこと、また強く・・・再軍備に反対し、且つその反対を貫いたことは、本書・・・で記した通りである・・・。
 しかし、それは私の内閣在職時代のことであった。その後の事態に鑑みるにつれて、私は日本防衛の現状に対して多くの疑問をいだくようになった。当時の私の考え方は、日本の防衛は主として同盟国アメリカの武力にまかせ、日本自体はもっぱら戦争で失われた国力を回復し、低下した民政の向上に力を注ぐべしとするにあった。
 然るに今日では日本をめぐる内外の諸条件は、当時と比べて甚だしくことなるものとなっている。経済の点においては、既に他国の援助に期待する域を脱し、進んで後進諸国への協力をなしうる状態に達している。防衛の面においていつまでも他国の力に頼る段階はもうすぎているのではないか。私はそう思うようになったのである。」

 麻生首相は祖父吉田茂が45年前に書き残した言葉を受け継ぐ気はないのだろうか。
[PR]
by masaya1967.7 | 2009-03-14 22:25