<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

慰安婦決議

読売新聞

 米下院外交委員会は26日午後(日本時間27日未明)、旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題で日本に公式な謝罪を求める決議案の修正案を賛成39、反対2の賛成多数で採択した。

 ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は決議案採択後、「本会議で採択し、強いメッセージを発したい」とする声明を発表した。決議案が7月中にも本会議で採択されるのは確実な情勢となった。

 決議案の修正案は民主党のトム・ラントス外交委員長と、共和党のイリアナ・ロスレーティネン筆頭理事が提出した。安倍首相が4月の訪米時に元慰安婦へのおわびを表明したことなどを踏まえ、原案が要求した「日本国首相の公式の声明としての謝罪」を、「首相が公式な声明として謝罪すれば、これまでの声明の誠意に関し繰り返される疑問を晴らすのに役立つだろう」とやや表現を弱め、日米同盟の重要性を指摘する文章も新たに追加した。

……………………………………………………………………………………………………

 予想通り、決議が通ろうとしている。これをワシントン・ポストに掲載した広告のせいにしようとする人がいるが筋違いである。これは完全に「facts(事実)」が問題ではなく、日本人が残虐であることをプロパガンダしようとする人種主義の問題であった。絶対排日移民法と似ていると以前書いた。

 ではなぜ、そんなことに日系人やハワイ選出の有色人種議員が協力しているのだろう。多分彼らは祖国アメリカに忠誠心を発揮しているつもりなのだろう。ここら辺の心理は『正論』7月号で高山正之氏が詳しく書いているので読んでもらいたい。

 日本はどのような行動をとればよいのだろうか。残念ながら排日移民法が通った時も、今回もあまり日本のとる手段はなさそうである。アメリカ嫌いが日本人に増えることは確実であろう。日本政府は日米同盟は揺るがないと答えているが、日本人がアメリカ嫌いになることで確実にその足下は揺らいでいる。

 未来のことを考えれば、2050年になるとアメリカの有色人種の数は白人よりも多くなることが予想される。セオドア・ルーズベルトは以前人種主義でアメリカは「惨憺たる結果」を招く恐れがあると言ったことがある。私も惨憺たる結果になると思っている。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-06-27 16:26

日本排除

 朝鮮日報より

米国はヒル国務次官補の北朝鮮訪問について、日本と事前に十分な協議をしていなかった、と21日付ニューヨーク・タイムズが報じた。

 同紙は「ヒル次官補の訪朝は非常に秘密裏に行われた」とした上で、「ヒル次官補は20日に日本を訪問した際にも訪朝計画を日本政府高官に知らせていなかった」と報じた。日本は北朝鮮による日本人拉致問題が解決されるまでは北朝鮮問題に関与できないとの立場を固守し、北朝鮮の核問題に介入していない。米国は韓国と19日に電話接触を持ち訪朝問題について協議したが、日本にはヒル次官補の訪朝前日の20日になって、ライス国務長官が電話で通告しただけだった。

 こうした状況から、北朝鮮の核問題で早期に目に見える成果を挙げたい米国と韓国が、米国の対北朝鮮政策に不満を持つ日本を韓半島(朝鮮半島)に関する政策決定プロセスから締め出すのではないかとの予測も出ている。ワシントンの消息筋は「米下院に提出された日本軍慰安婦問題に関する決議案に対し、日本がワシントンポストに米国を批判する広告を出したことについて、米政界が激憤していることも、米国が韓半島政策から日本を分離させる要因」と分析している。

……………………………………………………………………………………………………
 朝鮮半島問題で日本が無視されるかもしれないと『朝鮮日報』が書いている。それも従軍慰安婦問題にからめて、かなり悪意のこもった記事であると私は思う。

 日本抜きで朝鮮半島に平和と安定がもたらされるなら、日本が排除されても別にかなわないと思うが、そう簡単にいくものなのかという疑問が残る。ジョージ・ケナンは『アメリカ外交50年』に次のように書いている。

 「アジアにおけるわれわれの過去の目標は、今日表面的にはほとんど達成されたということは皮肉な真実である。ついに日本は中国本土からも、満州および朝鮮からも駆逐された。これらの地域から日本を駆逐した結果は、まさに賢明にして現実的な人々が、終始われわれに警告したとおりのこととなった。今日われわれは、ほとんど半世紀に渡って朝鮮および満州方面で日本が直面しかつ担ってきた問題と責任を引き継いだのである。他国がそれを引き受けていたときには、われわれが大いに軽蔑した重荷を、今日自ら負うはめになり苦しんでいるのは、確かに意地の悪い天の配剤である」

 この文章が書かれたのは1951年で、朝鮮戦争がはじまってすぐのことだった。アメリカは日本が4つの島に閉じこもっていれば、アジアは平和が訪れると単純に思っていたわけだが、結局中国は赤化して朝鮮では戦争がおこったのである。

 日本抜きで朝鮮問題が安定するのなら、ある意味日本は近代が始まって以来の重荷から解放してくれることになる。しかし歴史はそんな単純なものではないだろう。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-06-24 04:03

従軍慰安婦決議

読売新聞

 【ワシントン=五十嵐文】米下院のトム・ラントス外交委員長(民主党)は18日、本紙の取材に対し、旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める決議案を、26日に同委員会で採決すると明らかにした。

 決議案への支持は与野党に広がっており、賛成多数で採択されるのは確実な情勢。今後は下院本会議でも採択されるかどうかが焦点となる。

 決議案は1月にマイケル・ホンダ議員(民主党)が提出し、当時6人だった共同提案者は18日時点で、140人に上っている。当初は早期採決を目指していたが、安倍首相の4月の初訪米を受けて延期していた。

 日本政府は、決議案は事実に基づいていないとして反対する一方、首相が訪米時にペロシ下院議長やラントス委員長らと会談して元慰安婦へのおわびを表明するなどして沈静化を図ったが、議会の動きは止まらなかった。

……………………………………………………………………………………………………

ワシントン・ポストに日本の有識者が意見広告を出したのだが、あまり効果はなかったようだ。

 アメリカ議会はワシントン会議で国際協調を唱ったやさきに「絶対排日移民法」という悪法を通している。日本は以前にアメリカに行く移民の数を自主規制しているにも関わらずである。このことでアメリカが日本に謝ったことは無いはずである。

 この法案が通ったら、日本の親米派は痛手を受けるであろう。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-06-20 04:09