<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

田中均

 今週号の『週刊朝日』に元外務省の田中均氏が次のように語っています。

 「いまこそ大幅な転換が求められています。最大の要因はアメリカの政策転換です。ブッシュ政権は当初、北朝鮮をイラク、イランとともに『悪の枢軸』と位置づけ、政権を崩壊させることが根源的な解決につながると考えていました。しかし、イラク政策は成功しておらず、共和党は昨年の中間選挙で敗れ、ネオコンと言われる人たちが政権から去りました。その結果、北朝鮮を孤立させる路線から対話路線へ舵を切ったわけです」

 この分析が間違っているとは思わない。しかし、今回の福田氏と麻生氏との選挙で明らかとなったことは、拉致被害者を北朝鮮に返すという約束があったという事実である。今まで田中氏はそのようなことは無いと言ってきたのではなかったか。そのことがこのインタビュー記事では全く触れられていない。

 結局、拉致被害者を北に返すという変な約束が北朝鮮との交渉を厄介にしたのだから、田中氏は真相を話すべきである。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-25 05:19

これから読もうと思って注文した本

  
『 真犯人 グリコ・森永事件「最終報告」』
 
 この事件が起きたのは、私が中学生か高校生の時だった。通称「狐目の男」が撮られたコンビニがJR甲子園駅の北側で、学校の帰りによく豚まんなどを買っていた場所だった。(毒がはいっていなくってよかった。)未だに何が目的だったのかよくわからい。この本を読んだら、納得できるのだろうか。

 『対北朝鮮・中国機密ファイル
来るべき北朝鮮との衝突について』

 中国の一部の軍人が、北朝鮮の行動に対して不満を持ち、書いたといわれるのがこの本。中国では出版されず、日本で先に出るらしい。そんなに不満なら、中国への食料や燃料の援助をストップして、中朝国境を開放したら北朝鮮なんぞあっという間に崩壊するのに。結局は北朝鮮が戦略的に重要だからつぶせないのだろう。そこで、一部の北朝鮮に不満のある軍人に「ガス抜き」の意味で書かせたのだと思う。読んでから報告を書いてみたい。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-23 01:28

北京五輪は大丈夫か

サンケイ・ウェッブより

 日本の女子サッカーチームが中国で観客からブーイングを受けたにもかかわらず、試合後に「謝謝」(シエシエ)と中国への感謝を表した横断幕を掲げたことに対し、同国内では「勇気に感動した。見習うべきだ」と称賛する声と「過去の侵略を認めない日本の宣伝活動に感動するなど中国の恥だ」と反発する声が交錯、メディアも巻き込んだ論争に発展している。

 日本チームが横断幕を掲げたのは、17日に杭州で行われた女子ワールドカップ(W杯)の対ドイツ戦。ドイツサポーターを装った圧倒的多数の中国人観客からブーイングを浴びる中、0−2で敗れたが、選手は試合後に観客席前で整列。「ARIGATO 謝謝 CHINA」と書かれた横断幕を広げ、深々とおじぎした。

 翌18日、四川省の成都商報(電子版)が写真付きで伝えると、話題は全国に飛び火し、主要サイトには「最大の敗者は日本選手でなく(マナーの悪い)観客だ」(中国網)と反省を促す書き込みが。しかし「日本に手心を加えるな」「ブーイングは当然」との反論も相次ぎ、一部ではののしり合いも起きている。

 こうした中で20日付の週刊紙「国際先駆導報」は、日中の歴史問題の重要性を認めつつも「中国には未来志向で健康的な大国意識が必要」と強調。歴史問題をスポーツに絡める態度をやんわりといさめた。

 中国では2004年のサッカーのアジア・カップ対日本戦で観客が反日騒ぎを起こした経緯があり、北京五輪では日本選手団を冷静に迎えられるかが焦点になっている。
…………………………………………………………………………………………………

 北京五輪で日本人選手はまともに競技ができるのだろうか。ボイコットしておけばよかったとにといわれるかもしれない。日中関係は悪化するのは避けられないだろう。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-22 06:45

福田と拉致問題

 元外務官僚だった天木直人氏がブログでこれから総理になる福田氏について次のように書いている。

 「この福田の傲慢さは何だ。拉致家族に対する冷たさは何だ。北朝鮮に対する寛容さはなんだ。
 拉致問題については外務省も政府も間違いなく国民に隠している事がある。福田首相が実現すれば野党は事実を明らかにするように福田に迫るべきだ。すべての情報を公開をし、政府と拉致家族と国民が三者一体となって解決策を見つけるように努力して始めて、あらたな希望が見えてくるに違いない。功名心に走る秘密外交はもはや限界に来ている。」

 この人の意見に同意することはあまり無いのだが、この問題に関しては全面的に賛成です。特に帰国した拉致被害者を約束だからと北朝鮮に帰そうとしたことは、常識と著しく離れた行為と思わざるを得ません。福田首相になって、アジア問題で日本の国益を増進することは可能なのでしょうか。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-20 18:35

The Israel Lobbyを読む

 今話題になっている『イスラエル・ロビー』をやっと読み終わった。この本はユダヤ人のロビー組織がいかにアメリカの中東政策をゆがめているかをアメリカを代表する国際政治学者が書いたもので、大変まじめな本なのだが、途中何度も吹き出してしまった。

 例えば、ニューヨーク・タイムズのトーマス・フリードマンがイスラエルの新聞に「私は、ワシントンにあるこのオフィスから半径5ブロック以内にいる25人の名前を挙げることができる。彼らを1年半前に砂漠の島に追放していたらアメリカのイラク戦争は起こらなかっただろう」と語っている。さようにネオコンの影響力は大きかったのである。

 さてこの本の結論としては、ユダヤ系のロビー組織の力を弱めればアメリカの中東政策は合理的になるというものなのだが、少し疑問に思うところがあった。それはイスラエルの建国からの歴史がアメリカの建国の歴史によく似ているのである。アメリカ人がインディアンを駆逐して建国を果たしたように、ユダヤ人はパレスティナ人を駆逐して建国を果たした。占領地にどんどん入植をしていくというのもアメリカとイスラエルの共通点である。

 さらに、イスラエルは実際に核を保有しているのだが他の中東諸国が核を持とうとすると、それは危険だから予防戦争を行ってまで防がなくてはならないと主張する。アメリカの態度とそっくりである。このようにアメリカの生き写しのようなイスラエルに対して本当にアメリカは圧力を加えることができるのだろうか。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-18 06:04

中西輝政

  今週号の『週刊朝日』で安倍首相の外交指南役といわれた中西輝政京大教授が次のように語っています。

 「憲法改正への道筋をつけたことなど、首相は既に基本目標は達成している。後世必ず評価されるでしょう。辞任の理由は疲れたとか嫌になったとか単純なことではなく、米国の変節が最大の原因だ。米国は北朝鮮のテロ支援国家指定を解除しようとしており、12日の午前にシーファー駐日大使を通じて官邸にその最終決定を伝えてきた。拉致問題解決を重要視する首相はこれでは立つ瀬が無く、直後に辞任を決意したと思われます。」

 真偽の程はわかりませんが、ありえそうな話です。このようにアメリカから露骨に裏切られ、安倍首相をサポートしてきた親米保守派はこれからもアメリカについていけと叫び続けるのでしょうか。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-18 01:15

福田政権

 今日の『たかじんの何でもしゃべって委員会』で精神科の小田晋先生が出られていました。

 先生曰く「福田康夫氏は徳川家康に似ている」と

 自民党はこれから300年間も政権に居続けることになるのだろうか。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-16 18:58

安倍首相の辞任について

 安倍首相が何故辞任せねばならなかったのかを国際的な点から解説してみたい。

 今週号の『ニューズ・ウィーク』に北朝鮮の経済に関する記事がでていた。それによると昨年の北朝鮮の国民所得は1.1%減になったという。これはアメリカ主導の経済制裁がかなり効いてきたからだという。さらに

 Japan effectively cut off heavy flow of remittances to Pyonyang from North Korean in Japan.
(日本は効果的に在日朝鮮人の送金をとどめている。)

 ゴードン・チャンもワシントン・ポストで北朝鮮の経済が制裁によって減速していることを述べている。しかしブッシュ政権は北朝鮮に一方的に譲歩してしまった。その結果、北朝鮮強硬派だった安倍政権は政策の見直しを迫られることになる。

 さらにテロ特措法問題がある。安倍首相がAPECでテロ特措法延長で「職責をかける」とまで言ってしまった。日本経済新聞の多勢氏は「安倍首相は小泉総理のまねをしてテロ特措法で解散をもくろんでいるのではないか」と解説していた。私はそれよりもブッシュ大統領にきつくいわれたから、あのような言葉を吐いたのではないかと疑っている。

 しかしながら、参院選で野党に多数をとられているという事実にかわりはなく、テロ特措法の可決の見通しはたたなかったのだろう。

 それにしても安倍首相の在任中どの国の外交に最も振り回されたかといえば、アメリカ合衆国によるものではなかったか。北朝鮮外交による裏切り、慰安婦問題、etc.安倍政権の周りにいた外交指南はほとんど、親米保守派によって行われてきた。その結果1年しかもたなかったのである。
[PR]
by masaya1967.7 | 2007-09-14 15:10