<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

レーガン政権の罪

 北京大学のマイケル・ペティス教授は現在の中国が大恐慌時のアメリカに似ているという。貿易収支の黒字が世界のGDPの0.5%をしめ、外貨準備高が世界史に類を見ない程たまり、それを輸出先に補填していたことなどが全く同じであるというのだ。

 「もしアメリカの過剰消費が世界のインバランスの半分を占めるなら、アメリカの借金まみれの家計消費がアメリカ政府主導の過剰消費に変わってもあまり助けにはならない。根本的なインバランスの問題は、ケインズなら1930年代と同じように、アメリカが過剰消費を止めて中国が過剰供給をやめること(国内消費を増やすか、工場を閉鎖することによって)と言ったであろう。」

 アメリカで貿易収支が急激に悪化したのはレーガン政権のときであった。彼は「悪の帝国」ソビエトを倒すために、大軍拡と大減税を行った。これは当時レーガノミックスと呼ばれていた。この時からアメリカは供給以上の消費を行うようになったのである。

 この時代アメリカの消費を支えたのが日本の供給力であった。この時代日本の企業は膨大な借金をして設備投資をしていたが、シャルマが言うとおりにGDPの350%に及ぶ借金に耐えかねたかのようにバブルが崩壊して長期の低成長時代を迎えるのである。本来ならこの時点でアメリカにおいてもrebalancingの動きがあってもおかしくはなかった。そうならなかったのは明治維新以来日本の真似をし続けている中国のおかげであった。

 しかし今回の不況でアメリカの過剰消費の時代がようやく終わろうとしている。ここ数年間アメリカの家計が借金苦から開放されない限り低成長が続くであろう。問題は世界各国が不況から立ち直ろうと巨額の財政支出を行うがそのことによってインフレの懸念はないのだろうか。レーガン大統領はアメリカの財政収支や貿易収支は悪化させたが、唯一成功したのはインフレ退治であったことは何となく示唆的である。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-23 15:12

ビル・エモットの偏見

 ビル・エモットの『アジア三国志』を読んでいて思ったことがあったのでここで書いてみたい。

 「そもそも問題の核心は、1946年5月から31ヶ月間にわたって開かれた極東国際軍事裁判なのである。日本の謝罪の多くに真剣味が欠けているのは、この裁判が公正ではなかったからだ。」

 彼は東京裁判が公正ではなかったことを認めている。しかし東京裁判の不法性を訴えたパール判事に対して次のように書いている。

 「日本の歴史修正主義者たちは故意に触れないようにしているが、パール判事は、旧日本軍は通常の戦争の恐ろしい性質をしのぐ残虐行為について有罪であると述べている。」

 この問題は小林よしのりも『パール真論』のなかで「いずれにせよ、パールがここで南京その他における戦争犯罪を事実として論を進めているからといってそれを金科玉条にする必要は全くない。この問題はその後60年の間に進んだ歴史研究を基に改めて判断すればいいことだと」語っているが、エモットはそれを歴史修正主義だと批判するのである。

 「しかし、パール判事が意見書で述べているように、日本兵の行為は残虐だったとしか言いようが無い。それについて日本の政治家は謝罪すべきだろう。また倫理面からも、国家の利益の為に残虐行為がなかったなどという仲間の政治家は非難しなければならない」

 結局日本兵が「残虐」だったと結論づけるのである。私は欧米人特にアングロ・サクソンの書く日本論に対して気になっていたことがある。彼らは日本国内では治安が良く、殺人事件の数が少ないことに感嘆するのだが、一方で戦争では「残虐」だったと平気で書くのである。このように国内では残虐でないのが国外に出ると一転残虐になってしまうことがあり得るのだろうか。『産經新聞』で精神科医の作田明が英米の戦争回数の多さと国内の殺人事件の多さを結びつけて書いていたコラムを思い出した。英米は国内での殺人事件が多い「残虐」な民族だから「戦争」が好きなのか、それとも「戦争」が好きな「残虐」な民族だから国内で殺人事件が多いのかはわからないが、「内」と「外」とは関係があるという理論の方が私にははるかに説得力があるのである。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-20 02:18

ビッグ3救済法案廃案の謎

 アメリカの自動車会社BIG3救済法案が上院で廃案になった時、私はアメリカの「自由主義」イデオロギーが働いた結果だと思っていた。ところがどうも実際は全く違っていたようだ。

 今週のニューズ・ウィークによれば、上院で廃案に動いたのは南部出身の共和党議員であった。南部には日米自動車摩擦以来トヨタやホンダが現地工場を作っており、その土地の雇用や福祉に貢献している。現在では南部にはBMWや韓国の現代なども工場を建てており、BIG3に対してLITTLE8とよばれているらしい。トヨタなどは今回の不況でも従業員を首にすることも無く余った人材を役所の仕事を手伝うことまで提案しているという。(日本でも同じことをしろと私は言いたい)その結果、南部出身の議員はBIG3に有利な法案が通ることに怒っているのだという。

 アメリカの南北問題は厄介な問題である。南北戦争の時も農産品の輸出製品に頼る南部は自由貿易を求め、工業を発展させていた北部は保護貿易を求めるという対立が原因だった。今回の大統領選挙も南部はマケイン議員に入れていた。そして今回の問題をみるにつけアメリカは南北に分裂した方がうまくいくのではと思った次第である。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-19 01:19

 6カ国協議不調の意味

 今回の6カ国協議は北朝鮮がサンプルを採られるのを嫌がり不調に終わりました。ここで今一度6カ国協議に付いて考えてみたいと思います。

 北朝鮮問題とは結局は中国問題です。中国が北朝鮮に燃料や食料の援助をとめたらあの国はたちいかないでしょう。しかし実際に中国が援助をとめて北朝鮮が崩壊しても中国はこまるわけで、中国はジレンマを抱えているわけです。

 北朝鮮が核実験に成功した後北朝鮮は奇妙な行動に出ます。金正日はアメリカのブッシュ大統領に親書を出したのです。そこから奇妙な米朝交渉が始まり、現在の状態に至るのです。金正日はアメリカとどういう関係を持とうと考えていたのでしょうか。

 先ほど述べたように北朝鮮は中国から援助を受けていますが、これはどうも全くただではないようです。北朝鮮は中国に対して港湾の使用権や、資源の開発権を与えています。金正日にしてもこのようなことを続けていては中国の属国になるという危機感があったのでしょう。彼の頭の中にあったのは冷戦中、ソ連、中国のバランスをとって生き残ってきた金日成の行動でした。結局金正日はこのままでは中国の植民地になってしまうから、アメリカと中国を競わせて北朝鮮の独立を達成しようと考えたのです。

 ただ北朝鮮に誤算があったとすれば、アメリカは北朝鮮が核を持ったまま米中を天秤にかける政策を拒否したことでした。今回の6カ国協議でサンプル問題が曖昧にされていたら北朝鮮は核を持ったまま米中を競争させることができたかもしれません。逆に言えば北朝鮮は核を放棄する考えが全くないことを証明したようなものです。

 アメリカがオバマ政権に変わっても、北は核を持ったまま米中を競争させることによって独立を達成する政策を捨てないでしょう。オバマ大統領が北朝鮮の核を認めるのかどうかが重要なポイントです。今回の6カ国協議不調で最も得をしたのは中国です。中国は援助を与える代わりに何らかの見返りを要求して北朝鮮の植民地化を進めていくだろうと思うのです。

 
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-13 00:06

カーター大統領の謎

 前回ミードのアメリカ外交4分類を紹介した。その中で日本の独立と最も相性が良いのはジェファーソン主義だと私は指摘した。では第2次大戦後にジェファーソン大統領の考え方と似ている大統領はいたのだろうか。ジェファーソン大統領と同じ南部出身のジミー・カーター大統領が私の答えである。

 故片岡鉄哉はカーター大統領のことを(ベトナム戦争での)アメリカの負けを率直に負けは負けだと認めていたという。さらに彼はアメリカの過度の対外コミットメントを避けようとして大統領選に選んだ政策目標が在韓米軍の撤退であった。(カーターの予測はあたり、1994年に北朝鮮の核危機によって、もう少しで戦争になるところを救ったのがカーターであった)またカーター大統領こそが日本の核武装を許したのだとする説がある。ジェファーソン主義のカーターであれば私もその説には信憑性があると思っている。

 ところがあれほどの大統領権限が強いといわれているにもかかわらず、カーター大統領の在韓米軍撤退は実現しなかった。さらにソ連のアフガニスタン侵攻もあり、「アメリカに朝がやってきました」とするレーガン大統領に簡単に破れてしまったのである。

 なぜカーター大統領の在韓米軍撤退は失敗してしまったのだろうか。クリストファー・レーンは The Peace of Illusions の中で、アメリカが現在の覇権主義的な外交からバランス・オブ・パワー外交に移行するには国内の政界再編が必要だといっている。現在のアメリカのエスタブリッシュメントは投資銀行や資本集中で海外マーケットを貪欲に求める会社の利益代表から構成されているから、それが変わらなければアメリカの外交には変化が無いという。結局はカーターの在韓米軍撤退はこのエスタブリッシュメントの利益に反するからつぶされたのである。

 ところで、アンドリュー・ヴェイセビッチは The Limits of Power という本の中でアメリカが過度の金融主義や軍事主義に走るようになったのはレーガン政権からだったと指摘している。同じようなことはフランシス・フクヤマも指摘している。もしこれらの仮説が正しいなら現在のアメリカがうまくやっていく為にはレーガン主義の見直しは避けられないはずである。

 ところが次期大統領のオバマは何度もレーガン大統領を尊敬しているといい、彼の組閣した経済担当は投資銀行の利益を代弁するものでレーンの主張する国内の再編は現時点でおこっていないことがわかる。現在のアメリカの不況を言い当てていたピーター・シフはオバマ大統領は一期しか続かないと予言している。結局現在のアメリカがうまくいく為にはレーガンの否定が避けられず、そのことはレーガン以前すなわちカーター大統領の世界が待っていることに他ならない。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-10 15:54

アメリカ外交分析

 私が今まで読んだ本の中で、最もアメリカの外交が理解できたと思ったものがウォルター・ラッセル・ミードが書いた Special Providence という本だった。彼は大まかに4つに分類している。

 ハミルトン主義 財務長官ハミルトンが提起したものでアメリカの外交目標は経済的なものが大部分を占めるという考え方。「中国には13億人の市場がある」という考え方が典型で、中国にはよく行くが日本にはほとんど来ないポールソン現財務長官の行動がぴったりあてはまる。

 ジャクソン主義 ジャクソン大統領が行ったポピュリズムを基本とする。ミードによればこの思想は日本に戦略爆撃を行ったカーチス・ルメイや日本占領を行ったマッカーサーを代表的な人物に挙げているが、日本人としてはあまり関わりたくない思想である。

 ウィルソン主義 民主主義が世界に広がることはアメリカにとっても平和にとっても良いことだと考える思想。戦前の中国にはアメリカの宣教師がたくさん存在したが彼らはウィルソン大統領に影響されてクリスチャン アンド デモクラティックな中国を夢に描いていた。当然それを妨害していると(彼らは考えていた)日本を憎んでいた。

 ジェファソン主義 彼らは「自由」というものが最も大切だと考え、中央政府が大きくなることへの危惧感が強かった。当然外国へのコミットメントも最小にしようと考えていた。代表的な人物としてはジョン・クインシー・アダムズ大統領やジョージ・ケナンがいる。

 さてこれらの思想の中で日本の独立と最も相性が合うのはジェファソン主義しかないだろうと私は思うのである。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-10 02:09

予言者ピーター・シフ

 現在のアメリカの苦境を以前から指摘していたアメリカで話題になっているピーター・シフという人が書いた Bull Moves in Bear Markets という本を読んでみました。

 「アメリカではこれからインフレが顕著になってくる、下手をすればハイパー・インフレになるかもしれない。」

 「ドルの信認は地に落ちた。これからは金、コモディティー、アメリカ以外の先進国の株に投資すべきである。」

 「アメリカ経済はサービス分野に偏りすぎた。これからはもう一度もの作りに戻るべきである。」

 「アメリカの消費の仕方は間違っている。貯金して品物を買うのではなくクレディット・カードの繰り延べ払いを利用している為に過大な出費をしていることになる。」

 「これからは給料の一部を強制的に貯蓄にまわすべきだ。」

 このようなことを主張しており、日本人である私には納得できる話ばかりでしたが、これからおこるインフレに対しては疑問があります。彼がこの本を書いた時は確かに石油価格や商品価格が高騰しインフレ懸念が顕著だったのだが、現在は沈静化しているからである。これから本当に彼の主張するインフレが起こるかどうか注目していきたいと思います。

 ところで彼は戦前の大恐慌にいたる過程を次のように書いています。

 「1921年から1929年のアメリカの株価上昇はとてつもないブル・マーケットであった。アメリカの歴史ではこれ以上のマーケットはなかった。ところがおもしろいことに物価の上昇はほとんどなかったのである。」

 さらに大恐慌が起こってからは

 「大恐慌中唯一の明るい材料は物価が毎年下がっていた為、生活を維持するコストが低下していったことだ。」

 彼の書いていることは日本の1980年代と1990年代の姿と全く同じであったことが確認できます。そして日本もアメリカもそれまで輸出主導であった経済が内需主導に変わっていったことも共通しています。この二つの例から言えることは経済の体質を変えるのには長期間かかることであり、その間は低成長を覚悟しなければいけないということです。

 アメリカも中国も体質改善を必要としているので、今回の不況も長引くであろうと考えるわけです。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-08 15:35

北朝鮮情勢

 今週のニューズ・ウィークに北朝鮮情勢が載っています。

 「もし金正日が死んだら、金正日の息子の誰かをトップにしての集団指導体制をとるだろう」

 ところで金正日は現在どうしているのでしょうか。地政学研究家の奥山さんはブログで金正日は死んでいると断言されています。この問題にもニューズ・ウィーク誌はふれています。

 「金正日が死んだら、かれらは権力基盤が固まるまでそれを隠すだろう」
 「継承が完璧に終わった後で、彼らは金の死を発表するだろう」

 残念ながら、仮に金正日がいなくなっても北朝鮮が滅びることは無いだろう。結局中国が北を支え続ける限りこの国家の存続は可能なのである。

 ところでザカリアはここ数年アメリカの経済成長は1%位で、中国の成長は5%になるだろうと予測していますが、中国の民心の安定を保つ為には少なくとも8%成長が必要なことを考えると中国はかなり苦しくなってきます。アジア情勢の変化の兆しが感じられる今日この頃です。

 
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-06 12:09

英語について

 池田信夫氏のブログに次のようなことが書かれていました。

 「英語の授業では、まともに発音もできない先生が小説を重箱モードで解釈し、1年かかって100ページぐらいの薄い教科書を読む。こんな教育をしていては、大量の英語の文書を読んで表現することは絶対にできない。国語や英語の授業は廃止し、英語はすべて語学学校にアウトソースして、大学入試の語学はTOEFLで代えるべきだ。」

 数学を勉強することによって論理力は身に付くが、果たして英語を勉強することは池田氏の主張するように論理力を身につけることになるのでしょうか。

 私は趣味でへたくそなギターを弾くのですが、ジャズやブルースにアドリブ(英語で言うところのimprovisation)を弾かなければならない時があります。決まったコード進行では弾いてはいけない音がルール上あって、そのなかでいかに表現できるかを追求するのです。このあり方は語学に通じるものがあると私は考えています。

 この語学=音楽論は私の独創ではなく、あるテレビ番組で拓殖大学の森本教授がそのような関係性があるとしゃべっていました。台湾出身の金美齢さんは台湾語、北京語、日本語、英語をマスターされたマルチ・リンガリストですが、彼女が何故そんなに語学ができるのか聞かれて、「私は人より耳がよかったからだ」と答えています。

 マーティー・フリードマンという日本を拠点に活躍されているスーパー・ギタリストはギターがうまくなるには「耳をきたえなければならない」といっています。ちなみに彼の日本語はほぼ完璧です。今回ノーベル賞を受賞した京産大の益川教授は英語ができないため大学院の入学が危なかったらしい。ノーベル賞を受賞している論理力抜群な人でも英語ができない可能性があるのです。(「音痴」にならって「英痴」)

 私は工学部から法学部に編入したのですが担当教授はJ智大出身の人でした。さすがにJ智大出身だけあって、彼は英語ができましたが、書いている内容はそんなに優れていると思いませんでした。あまりにも英語を重視すると、英語はできるが肝心の学問がおろそかな教師が増えることのデメリットを感じるのです。

 池田信夫氏のブログでは経済学の他に音楽のことも書いておられます。おそらく氏が英語ができるのも「耳が良いから」ではないかと私は考えてしまうのです。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-05 10:32

戦略『臥薪嘗胆』

 日本は『米中による封じ込め』にどう対処したらよいのだろうか。私は『臥薪嘗胆』戦略を推したい。なぜそれが有効なのだろうか。『平和はいかに失われたか』を書いたアントワープ・マクマリーは日本人について次のように述べている。

 「日本人は表面的には感情を表さないようにみえるが、実は深い憤りをひそかに育て、不意に逆上して手のつけられなくなるような国民なのだ。真の指導者と認めて忠誠を捧げている人たちによって抑制されなければとことんまで突っ走る性癖がある。」

 同じことはチャーチルも『回顧録』で指摘している。要は日本人は我慢に我慢を重ねて突然キレてしまうというわけである。ある人に指摘されて気づいたのだが、『水戸黄門』を代表とする日本の時代劇の多くがこのパターンであった。いじめられて、いじめられて、最後にカタルシスを開放するのである。

 真珠湾攻撃を行ったとき日本の文化人の多くは皆「すっきりした」という感想をもらした。アメリカによる排日移民法などの人種的な嫌がらせや、経済封鎖に日本人は我慢してきたのだが、最後には我慢できなくたってこのような感想を生んだと思う。しかし「すっきり」した感情と日本の勝利には結びつかなかったことに留意したい。

 現在の日本がアメリカや中国政府のハラスメントにキレて『核武装』することは、真珠湾の二の舞いになることはさけれない。ここは『臥薪嘗胆』でのぞまなければならない。

 いずれ中国においても「共産主義」は無くなるであろうし、アメリカも現在の覇権主義的な政策をやめてオフショア・バランシングに戻るかもしれない。そうなった時に日本が「独立」した行動をとっても誰も文句は言わないだろう。それまでは我慢して、どのような状態がきても対応できるように日本の「内政」を整えておくことである。
[PR]
by masaya1967.7 | 2008-12-05 06:48