「一進会」と「脱南者」


 先日、日露戦争後日本に対等合併を求めてきた「一進会」について少し書きました。(ウィキペディアでは進歩会と書いてありましたが、間違いです)この団体は大韓帝国のなかで最大の団体でした。

 一進会はなぜ対等とはいえ日本に併合をもとめたのでしょうか。

 これを現在の日本にあてはめれば、日本のなかの最大の団体がアメリカに向かって「51番目の州」にしてくれと頼む事と同じくらい変なことなのです。確かに日本はアメリカの51番目の州だ、などと自虐的にいう人はいますが、本人が本当にそれを望んでいるとは思えません。

 この問題を考えている時に、兵頭二十八氏のブログに書いている事を思い出しました。彼は次のように書いています。

 「古田氏は『表現者』でこんな話をなすっている。――北鮮からの脱出者は2009年前半時点で16000人。満州や東南アジアに出たのを含めると数十万。しかし、韓国からの脱出者はすでに300万を越えているのだ。大半がアメリカに行って帰らない。これは「脱南者」なんである。」

 「一進会」と「脱南者」の問題は底辺でつながっているように私には思われる。それは韓国人が自国の政府やエリートに対して「絶望」しているということだろう。この「絶望」から逃れる為に「一進会」は日本に対等合併を求め、現在の「脱南者」はアメリカから帰ってこないのだ。
by masaya1967.7 | 2009-10-31 00:43
<< 鳩山首相の対米外交 満州事変と朝鮮問題 >>