第2次朝鮮戦争

 【ワシントン=五十嵐文】ペース米統合参謀本部議長(海兵隊大将)は24日、国防総省で記者会見し、朝鮮半島有事が発生した場合、イラクなど中東での「対テロ戦争」と平行して米軍が対応することは可能だが、「悲惨な攻撃になる」と強調した。

 ペース議長は、精密照準爆撃を可能にする装備の多くが、イラクやアフガニスタンでのテロ掃討作戦で使用されており、「(中東以外の)ほかの戦域に展開する場合、ただちに使用することができない」と指摘。誘導装置の装備がない「ダム爆弾」を多く使用せざるを得ないため、「多くの犠牲者が出て、第2次世界大戦や朝鮮戦争のようになるだろう」と強調した。
(読売新聞) - 10月25日21時49分更新

 やっぱり朝鮮半島で米軍が戦争するのは現時点では不可能なのだろう。
[PR]
by masaya1967.7 | 2006-10-26 04:08 | 国際政治
<< 必修科目の履修漏れ問題 中国の民主化について 1 >>