論理(仮説)と前提条件

 もう少しわかりやすく論理(仮説)と前提条件の関係を説明しようと思う。いつだったか『朝まで生テレビ』で東大のカン・サンジュン教授が仮に日本と北朝鮮が国交を結べば「拉致被害者はきっと全員帰ってくるだろう」と述べたことがある。

 ところが中川八洋筑波大学教授の本には、「日本と北朝鮮が国交を結んだら金正日は拉致被害者を全員殺すだろう」と書いてあった。

 「日本と北朝鮮が国交回復したら」という同じ仮説を用いているにもかかわらず、カン氏と中川氏では180度反対の結論がでている。このような結果になるのは二人の学者の前提条件が全く違うからである。中川氏は金正日が異常な「人格」の持ち主であるとして論理を展開している。一方カン氏は同じ朝鮮民族であるからなのだろうか金正日を普通の「人格」ととらえているから、拉致被害者が全員帰国できるなどと答えるのである。

 私は、中川教授のようにいいきる自信は無いが、カン氏のいうようにはならないと断言できる。拉致を簡単に命じるような人間は普通の「人格」を持っているとは到底思えないからである。
[PR]
by masaya1967.7 | 2006-11-21 00:21 | 国際政治
<< キッシンジャーの6カ国協議論 グレゴリー・クラークを論破する。 >>